レディー

時間とコストの削減に有利な化粧品OEMやODM請負

代行で手続きがラク

メイク道具

日本国内だけではなく海外には魅力的な製品がたくさんあります。特に有名ブランドが数多くある女性用のコスメは、日本ではまだまだ未発売のブランドや商品が数多くあることでしょう。女性をターゲットにしている企業は、これをビジネスの商機と捉えコスメの輸入を行なう動きもあります。
ただ、コスメの輸入は、単に商品を取り寄せれば販売できるわけではありません。日本には薬事法があり、コスメに含まれる成分をしっかり調査した上で禁止薬剤が使用されていないかどうかのチェックを受けます。この薬事法は非常に複雑で手続きも面倒なことから、専門の化粧品輸入代行を通して商品を仕入れする企業が増えています。

化粧品輸入代行を通すと、別途中間マージンがかかることになるので経費がかかることを懸念される人もいるでしょう。ビジネスとしてコスメを仕入れるわけですから、できる限りコストを抑えておきたいところです。ただ、日本の薬事法で定められている品質管理の徹底や通関の手続きは、必ず通らないといけない関門。経費を抑えてリスクを増やすより、化粧品輸入代行で安全・安心な取引形態を確立しておいた方がいいでしょう。
また、化粧品輸入代行は、小ロットでの輸入も対応してくれます。これにより、少人数経営の企業であっても海外の有名コスメを販売できることが可能になるでしょう。化粧品輸入代行を請け負っている業者を選ぶ際は、請負業務の内容や費用の目安、さらに対応力などを総合的に見て判断するようにしましょう。